スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
[愛すべきAI/Robot達] 第3回 wakamaru
2006年01月13日(金) 23:10
トップ >> 愛すべきAI/Robot達 >> 第3回
第3回 『wakamaru』

三菱重工が開発したコミュニケーションロボット。

身長:1メートル
体重:約30kg

完全に自律移動し、音声による会話が可能です。
また、顔認証技術により家族の顔を判別して行動を行います。会話する際はアイコンタクトをとった上で相手を認識し、伝言を伝えるなどの動作をします。
意外と小柄ですね。愛知万博で接客ロボットとして活躍している姿をTVでご覧になった人もいると思います。
顔の間にある2つの点は眉毛だそうです。向かって左の眉毛がマイク、右の眉毛がカメラで、大きな2つの目は飾り物です。 これが牛若丸に似ていることからwakamaruという名前になったんですね。
ちなみに、口は会話に合わせて動きますが声は腹から聞こえてきます。
現在は、三菱重工品川ビル「エムズスクエア」のショールームでwakamaruと会うことができます。私は行ったことないのですが、いずれ行って見たいですね。

このwakamaru、100台限定でしたがなんと製品化しました。価格は157万5千円です。更に、毎月1万円程度のサポート費がかかります。ちょっと買ってみて試すなんてことはできませんが、製品化一発目の価格にしては意外と安いと思うのですがどうでしょう?今後5年もすればかなり現実的な価格になるのではないでしょうか。
wakamaru
wakamaruのオフィシャルホームページ
wakamaru blog
wakamaruのブログです。wakamaruがブログを書いているわけではありません

今回はこのwakamaruで使われているテクノロジーについて見てみたいと思います。
まず対話技術ですがワードスポッティングという音声認識エンジンを採用しています。これは、あらかじめ登録された単語を抽出することに目的を絞ったエンジンです。そのため、会話の中から新しく単語を学習する等といった事は不可能なのですが、やはり製品化するとなると安定性が重要なのでしょう。また、会話は一定のシナリオルールに基づいて行うとあります。これは、人工無脳の回に紹介したようにIF-THENルールを利用して会話するということですね。
また、行動の決定などの重要な意志疎通は手を握るという方法で行うようです。
wakamaruの発話は音声合成により行います。オフィシャルホームページに「流暢に」とありますが...。もうちょっと声を可愛い声にすればいかにもロボットな話し方でもいいんじゃないでしょうか。
ちなみに、IF-THENルールを利用するということですが、wakamaruは時間を調べる時に腕時計を見るような動作をします。他にも様々な動作をしますが、こういった動作はより人間性を出させるためのものでしょう。しかし、私はどうしてもそこにプログラムされた動きという感覚をおぼえてしまうのです。だからといって、全く動かないのは問題外ですし、非常に難しいですね。

次に顔認識技術ですが、まず頭頂部の前方位カメラで人を探しその人に向き直ります。次にその人の顔を見て、顔画像から目や鼻などのパーツ位置を抽出し登録されているデータとのマッチングを行う事によって判別を行います。マッチング精度は非常に高精度で、同じ顔認識エンジンは銀行のATMなどで使用できる精度のようです。ただし、詳細は分りませんがこのエンジンは平面的な特徴抽出しか行わないので顔に写真を貼っただけでだませてしまうのではないでしょうか??
顔認識エンジンは他に、3次元法線ベクトルを抽出して顔の立体的な形を利用するものもあります。ただ、これは非常に新しい技術ですのでやはりwakamaruでは安定性を選択したのでしょう。

次に移動技術ですが、wakamaruは移動経路を記憶し基本的に自律移動をします。バッテリーが減ってくると家の中に設置された充電ステーションへ自動的に移動し充電を開始したり、その他にもいつの間にか自分の横に来たりと結構自由に動き回る様です。やはり、自律移動はロボットに意志を感じさせる上で非常に重要なポイントですね。
移動方法は車輪です。そのため、wakamaruを購入した家は車椅子の人がいなくても家をバリアフリーにしなければなりません。また、wakamaruは家の壁等に設置したマーカーを利用して三点測量により位置の決定をします。ということは、家の外には出られないわけですね。

最後に安全性についてですが、やはりここは製品化にあたって再重要課題です。wakamaruは関節部分や指先等はすき間をあけたり軟らかい素材にしたりといった対策をとっているというようです。また、たくさんのセンサやスイッチによりぶつかっても大丈夫なようになっています。オフィシャルホームページには衝突テストの様子のムービーが公開されていますが...wakamaruが顔をだらんとさせて子供の人形を殴り飛ばす姿は正直ちょっと怖いです。もうちょっと違うムービーはなかったのでしょうか。

以上ちょっぴり辛口な記事でしたが、wakamaruの設計を見ていると安定性や安全性といった問題がロボット開発において非常に重要な課題であることがよく分ります。たんに、最新の技術ばかりを詰め込めばいいロボットができるわけではないのですね。ロボットが原因で人が怪我をしたりしたら世間から猛烈な批判を浴び、日本のロボット研究に大きくブレーキがかかってしまうことは必至です。
こういった壁を乗り越えてwakamaruを製品化した三菱重工は偉大です。

ところでwakamaruのOSにはLinuxが採用されているようです。自分もLinuxを日々使っているもので、なんか嬉しいです。

この記事の内容がためになりましたらランキングへの投票をいただけるとうれしいです。→ランキングへ投票
・参考サイト
wakamaruオフィシャルホームページ
wakamaru blog
スポンサーサイト
別窓 | 愛すべきAI/Robot達 | コメント:6 | トラックバック:0 | ↑top
<<[知性の探求] 第3回 無意識の知識 | AI開発ノート | [知性の探求] 第2回 言語の獲得>>
この記事へのコメント
ティーインストラクターとは、紅茶の基礎知識やおいしい紅茶の入れ方などを教えるセミナーにて、講師を務めるスキルを認められた人に与えられる資格 http://garbo4.stepuptechnologies.com/
2008年12月11日(木) 07:00 | URL | #-[ 内容変更]

綱引きを探すなら http://www.karin-mamy.com/101070/502062/
2008年10月08日(水) 11:54 | URL | #-[ 内容変更]

手芸・クラフト・生地を探すなら http://www.aceauto-net.com/215783/100872/
2008年09月25日(木) 08:27 | URL | #-[ 内容変更]

インテリア・寝具・収納を探すなら
http://www.b-19.com/100804/
2008年09月06日(土) 21:08 | URL | #-[ 内容変更]

サイト拝見しました。FF4なんかは自分もはまったのでなつかしかったですね~
ぜひ、またご覧下さい。
2006年01月15日(日) 16:01 | URL | mad #EYsxjGDc[ 内容変更]

訪問リストに名前があったので、きてみました。
あたしは全くその系は駄目な人間です^^;
もぉジャバスクリプトでうがぁっとなっております・・・・
でも人工知能なんて魅力的ですね。
検索エンジンで執事みたいなのができるとかって話題はきいたことありますが・・・・
SF小説の戦闘妖精雪風が大好きなので、ぜひそんな時代がきてほしいですねぇ・・・
では、足跡のこしまで・・・w
2006年01月14日(土) 09:37 | URL | あみ #-[ 内容変更]

↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| AI開発ノート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。